イズワン動画コレクション
2013年6月15日 14:20 徳島ジュニア選抜メンバー
自分の体より後ろで打つ時のショット。
そうなった場合には、ハイクリアーで確実に逃げるのがいいと言われているが、リストを利かしたコンパクトな振りで仕掛けることができる。
2013年6月15日 14:00 徳島ジュニア選抜メンバー
全面フリーノック
ジュニア選抜メンバーの一般的な選手には、ミートしてから、ノックを出し始めるが、その中でもレベルの高い選手には、ミートと同時にノックをヒットさせる。
2013年6月15日 13:45 徳島ジュニア強化メンバー
指示する者は、プレイヤーと同じように腰をいれて構え、大声で指示を出してあげよう。それに応えて、プレイヤーもがんばれる。この二人は声が大きい。
2013年6月15日 11:30 徳島ジュニア選抜メンバー
「よく見て、返事は大声で短く!」ずいぶん良くなった。外国人のイズワンは、日本人以上に礼儀には厳しい。
2013年6月15日 午前 徳島ジュニア強化メンバー
手投げノックのコツ:羽根が揺れないように、本当のフライトと同じようなコースで。
2013年6月15日 10:30 徳島ジュニア選抜メンバー
20本オールショート、スマッシュとshoutすれば、サイドライン上に、ピンポイントのスマッシュを打つ。指導者はミスをしないようにしっかり構える。選手はラリー中しっかり動く。ピンポイントでサイドラインの内側10センチのところに打てるようになれば、1ランク上の技術を身につけられることになる。
2013年6月15日 9:50徳島市立スポーツセンター
フットワーク。ポイントは100パーセントのスイングと、指示を出すポイント。
2013年6月15日 午前 徳島ジュニア選抜メンバー
コンタクトポイントを捉え、ヒット時に爆発的にリストを利かせる。
17/3/2013Kelana Jaya Sports Complex
Nusa MahsuriのRahman・Sidekコーチのノック。
17/3/2013
Kelana Jaya Sports Complexのバドミントンホールは、ヌサマハスリの練習場である。ここでたくさんの世界的な選手が育った。久しぶりに行ってみたら、昔と変わらず、外国人、世界を目指したい地元のジュニアが一生懸命練習していた。その風景を見て安心した。

マレーシアでは、プロの指導者がノックをあげてくれ、選手はノックを受けながら上達していく。そのノック技術の良し悪しで選手のレベルアップのスピードが変わる。ヌサマハスリ・コーチという肩書きは由緒ある肩書きで、どこででも通用する。一時期ここに練習に通っただけで「ヌサマハスリ」という称号をちらつかせて、他のクラブのコーチとして仕事を取ってるものもいるくらいだ。水戸黄門の印籠のようなものかも。
1/10/2013 麻生小
actually this training we called "finishing"..if you can see,players must smash all the time with medium speed level.we called "finishing" because all this player already training about 1hour and a half.and all of them getting tired.But they still must attack all the time.this is coordination between skill,endurance and mentality.
30/9/2013
フィーダーは選手の足を止めないように、手投げノックを出さなければならない。選手が常に80%以上の力で動けるように、声を掛けてやるのも大切だ。

 
ヌサ・マハスリのバドミントン理論はこちらで→
 
designed by Akira Hamanaka
Copyright (c) 1996-2008 Racket Shop Hamanaka All right reserved